組合づくりは、良い職場づくりの第一歩です!

労働組合をつくり
よい労使関係を築きたい!

労働問題の相談に乗って欲しい!
組合の運営に協力して欲しい!

同業種の情報が欲しい!
産業の現況など教えて欲しい!


組合づくりガイドブックを無料配布
組合づくりガイドブックを無料配布

交通労連では、「労働問題で困っている」「職場を良くしたい」
「労働条件を改善したい」という方々に対して、
相談および組合づくりの支援を行っています。

詳しい内容は をご覧ください。

相談についてはお気軽に からご相談ください。

新着情報

関連ニュース

2016. 9.26№109
トラックの労基法違反監督指導・送検状況厚生労働省は16日、トラック、バス、タクシーなど、自動車運転者を使用する事業場に対する平成27年の監督指導、送検の状況を公表した。トラックで監督を実施した2783事業場のうち労働基準関係法令違反が認められたのは2390事業場(前年比2.3%増)で、業種の中では最も高い割合となった。主な違反事項は、労働時間1729件、割増賃金625件、休日158件だった。改善基準告
>> 続きを読む

2016. 9.23№108
「秋の全国交通安全運動」スタート安全運行の徹底へ11項目平成28年全国交通安全運動が21日から始まった。「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本に▽夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止、▽後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、▽飲酒運転の根絶―を全国重点に掲げた。最終日の9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」として国民の理解に努める。事業用自
>> 続きを読む

2016. 9.6№107
ETC2.0対象 高速道路の一時退出可能に国土交通省道路局は今年度、ETC2.0搭載車を対象に、道の駅など高速道路外の休憩施設への一時退出を可能とする実験を実施する。同局では高速道路外のガソリンスタンド利用についても同様の実験を行っており、いずれも2017年度の本格導入を目指す。高速道路を一時退出しても、ターミナルチャージを再徴収せず、長距離逓減割引も継続するなど、高速道路を降りずに利用した料金のまま
>> 続きを読む

NO.1164 ()
JR三江線廃止を受け入れ、バスなど代替交通に転換へ/沿線自治体 広島県三次市と島根県江津市を結ぶJR三江線(198.1km)の沿線自治体は、このほど同線の廃止を受け入れ、バスを中心とする代替交通機関に転換することを決めた。西日本旅客鉄道(JR西日本)は9月末まで廃止届を国土交通省に提出する見込み。 沿線自治体などによる第三セクター方式で鉄道を残す案も出ていたが、財政負担が重いため断念した。今後は同
>> 続きを読む

NO.1163 ()
鳥取/「本格的すぎるミニバス」登場 日本交通(鳥取市)の路線バスの運転席を再現した空間を、グループ会社の日交整備(同)が1カ月半かけて製作し、「本格的すぎるミニバス」として、20日に報道各社に公開した。 本物のバスと同じ仕様で塗装したベニヤ板製の車体(車長180センチ、車幅90センチ、高さ90センチ)に、本物の計器盤やハンドル、運転シートを収め、ボタン操作一つで実際の車内放送も流れるようにした。 
>> 続きを読む

NO.1162 ()
地元高校生の企画で若者集客へコスプレイベント開催/銚子電鉄 銚子電鉄は、千葉県立銚子商業高校、犬吠埼ホテルとともに、18日にコスプレイベントを初開催する。アニメやゲームなどのコスプレを楽しむ若者を銚子に呼び込もうと同校の生徒が考え、開催に向けて取り組んでいる。当日は駅構内や同ホテルの一部などで撮影ができるほか、コスプレイヤーやカメラマンが乗車できる貸切電車も運行し、動く電車内での撮影が可能となる。
>> 続きを読む