交通労連について

結成50周年を迎え、いっそう信頼される産別へ

 交通労連(全国交通運輸労働組合総連合)は、交通運輸業界で働く労働者が結集し、1964年11月に「全交運同盟」と「全交労」が組織統合し、誕生した産業別労働組合です(結成時200組合・55,000人)。

 交通労連では、トラック運送・生コン・乗合バス・貸切バス・ハイヤータクシー・自動車学校・ホテル・自動車整備・ルートセールスなど、国民生活に欠かせない運輸、公共交通、道路・車に関係する業種を中心とした企業内の労働組合が加盟しています。

 交通労連は結成以来、働く仲間の職場や労働条件の改善・向上に取り組むとともに、交通運輸産業の発展に向けて政策制度の実現を重要な活動として取り組んでいます。

 交通労連は、ナショナルセンターである「連合」、陸海空の労働組合が結集した「交運労協」の主要構成組織として、国全体に関わる政策活動にも取り組んでいます。
 交通労連は、2014年には労連結成50周年を迎えました。
組合員の労働条件の向上、交通運輸産業の発展、さらなる改革のための討議・検討を進め、加盟組合にとって魅力ある、そして力強い産別をめざして、これからも全力をあげて取り組んでいきます。

※ 連合(日本労働組合総連合会)とは、労働組合の全国中央組織(ナショナルセンター)で産業別労働組合など52組織で構成されています。組合員数は約670万人と日本最大の労働組合組織。
 労働組合の全国中央組織としては他に全労連(約59万人)や全労協(約11万人)があります。

 名称         全国交通運輸労働組合総連合(交通労連)      
 代表者(中央執行委員長)  山口 浩一
 結成年月  1964年11月9日
 加盟組合  約500組合
 組合員数  約5万人
 所在地(本部)  東京都港区芝2-20-12 友愛会館15階
 TEL  050-3540-1254
 FAX  03-3454-7393
 E-mail 代表メールアドレス
交通労連パンフレット(ダウンロード版).pdf
PDFファイル 5.6 MB

交通労連結成50周年記念「50年のあゆみ」

所在地(本部)

都営三田線・芝公園駅 下車 徒歩1分
JR山手線・田町駅 下車 徒歩7分

交通の安全と労働を考える市民会議
↓「ライドシェア」問題を考える↓

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
ろうきん-全国労働金庫協会