アルコール検知器使用の義務化の実施時期延期について

 国土交通省より「アルコール検知器使用の義務化の実施時期を延長する」案内がありましたので、ご連絡します。

 2011年4月から予定していました「自動車運送事業者の点呼において、運転者の酒気帯びの有無の確認を行う際に、アルコール検知器を使用することの義務化」について、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、アルコール検知器製造・販売事業者におけるアルコール検知器の生産・出荷に遅れが生じることが確認され、義務化の実施時期を5月1日に延期することとなりました。

 

⇒詳しい内容は「国土交通省ホームページ」をご覧ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

 

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会