国交省「平成23年度の自動車運送事業者における先進安全自動車(ASV)の導入等の実施に対する支援のための補助制度を開始」

 国土交通省より「平成23年度の自動車運送事業者における先進安全自動車(ASV)の導入、運行管理の高度化及び社内安全教育の実施に対する支援のための補助制度を開始」の発表がありましたので、ご案内します。

 実施する補助事業として「先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援」「運行管理の高度化に対する支援」「社内安全教育の実施に対する支援」の三つが挙げられています。


[1] 先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援
 以下に掲げる機器の取得に係る経費に対し補助を行います。
  ○被害軽減ブレーキ
  ○ふらつき注意喚起装置
  ○車線逸脱警報装置
  ○車線維持支援制御装置
  ○車両横滑り時制御力・駆動力制御装置
 
[2] 運行管理の高度化に対する支援
 以下に掲げる機器の取得に係る経費に対し補助を行います。
  ○デジタル式運行記録計
  ○映像記録型ドライブレコーダー
 
[3] 社内安全教育の実施に対する支援
 自動車運送事業者が事故防止のための社内安全教育を実施する際に外部専門家によるコンサルティングを利用する場合に対して補助を行います。

 

詳しい内容について「国土交通省ホームページ」をご確認のうえ、国土交通省へご相談ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会