国土交通省「東日本大震災の影響に伴うトラック輸送対策について」

 国土交通省より「東日本大震災の影響に伴うトラック輸送対策について」の発表がありましたので、ご案内します。

 下記は国土交通省ホームページの一部抜粋になります。

 

「平成23年3月11日に発生した東日本大震災の被災により、特定の被災地域(岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の全域をいう。以下同じ。)においては、特にトラック車両の被害及び緊急物資輸送の大幅な増加等に伴い、トラック輸送力の不足が予想される。
 このため、トラック輸送力を確保することにより、特定の被災地域の支援業務及び復興支援等に安定的に対応するという観点から、緊急時の対応として、別途通知するまでの当分の間、別添の取扱いにより、一般貨物自動車運送事業者が事業用自動車としてレンタカーを使用することを認めることといたしましたので、お知らせさせていただきます。」

詳しい内容は国土交通省ホームページをご覧ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会