被災地・東北総支部へ山口中央執行委員長が訪問しました

 4月7日に東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県仙台市(沿岸部)に山口中央執行委員長、眞部書記長、手水ハイタク部会事務局長が訪問し、現地の被災状況を視察するとともに東北総支部(武田書記長)へ見舞金を手渡しました。

 山口委員長は被災状況について武田書記長から詳細な報告を受け、その後、被災地の視察を行いました。

  交通労連では、4月5日の四役専従役員会議で救援ボランティア活動への派遣、同業各社への就職支援・斡旋活動、集会・研修会等の諸会議の日程変更(予算の救援カンパへの充当)など各種対応について決定しており、被災地の厳しい現状をご理解いただき、加盟組合にも一層の支援のご協力をお願いいたします。

 

 武田書記長よりご提供いただきました被災状況等の写真については「地震関係のお知らせ」(組合員限定ページ)に掲載いたしましたので、ご覧ください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会