国交省「東日本大震災に伴う自動車NOx・PM法の特例的取扱について」

 国土交通省より「東日本大震災に伴う自動車NOx・PM法の特例的取扱いについて」の発表がありましたので、ご案内します。

 

 以下、国土交通省ホームページの一部抜粋

「自動車NOx・PM法では、現行基準が施行された平成14年10月以前に登録された自動車に対しても、猶予期間までの間に、改造又は代替によって、一定の窒素酸化物・粒子状物質排出基準(自動車NOx・PM法に基づき道路運送車両の保安基準の告示に規定されるもの)を満たすことを求めています。
 この規定に対応するため、猶予期間が迫った自動車を保有するバス事業者等においては、当該排出基準を満たす自動車を調達する必要がありますが、東日本大震災により、自動車メーカーからの新車の供給が停滞していることから、調達に困難を来し、運行車両の不足等の影響が生じるおそれがあります。
 このため、国土交通省では、自動車NOx・PM法の猶予期間を特例的に延期することとしました。」

詳細については国土交通省ホームページをご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会