山口中央執行委員長が岩手県宮古市のボランティア活動を視察しました

 4月28日に交通労連の山口中央執行委員長が連合救援ボランティアが活動する岩手県宮古市へ視察に向かいました。(手水ハイタク部会事務局長も同行)

 

 特に地震の被害の被害が大きかった沿岸部を中心に視察、その後、連合救援ボランティアが宿泊するベースキャンプ(新里高齢者コミュニティセンター)を訪れ、現地で活動を行っているボランティア約50名を激励しました。

 

 詳しい内容は「労連活動報告&投稿ひろば」をご覧ください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会