国交省「事業用自動車の定期点検整備の確実な実施について」

 国土交通省より「事業用自動車の定期点検整備の確実な実施について」が発表されましたので、ご案内します。

 

 以下、国土交通省ホームページより抜粋

 

「 事業用自動車については、輸送のプロとして乗客の生命、顧客の財産を預かり、より高度な安全性が求められていることから、故障等による事故を防止するため、点検整備を確実に行うことが不可欠です。


 しかしながら、事業用自動車の点検整備の実施状況は十分であると言い難い状況にあることから、点検整備の確実な実施を図るため、平成23年度から当面以下の取組みを行うこととしましたので、お知らせします。(これまでの取組み等:別紙1

 

 国土交通省は、今後とも、点検整備の確実な実施に向けた取組み等を通じて、自動車社会の安全確保・環境保全を図ってまいります。

<定期点検整備実施率向上のための取組み>
(1) 運送事業者への立入調査
 定期点検を行う前に車検を受ける、いわゆる前検査を実施した事業者に立入り、定期点検の実施状況を調査するとともに、必要に応じて点検整備の確実な実施の指導等を行います。


(2) 整備管理者研修の充実
 運送事業者が保有する自動車の点検整備を管理するために選任している整備管理者に対して行う整備管理者研修において、定期点検実施の重要性の周知を図ります。


(3) トラック事業者への啓発
 貨物自動車運送適正化事業実施機関の協力を得て、同機関がトラック事業者に対して行う巡回指導の際に、平成21年改正の監査方針・行政処分基準の強化に関する情報を掲載したリーフレット(別紙2)を配布することにより、点検整備の適切な実施を促進します。                                」

 

詳しい内容は国土交通省ホームページでご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会