厚労省「被災者雇用開発助成金について」

 厚生労働省では東日本大震災で職を失った方の雇用対策の一つとして「被災者雇用開発助成金」を創設しました。

 

 これは東日本大震災による被災離職者及び被災地域に居住する求職者の方を、
ハローワーク等の紹介により、継続して1年以上雇用することが見込まれる労働者として雇い入れる事業主に対して、助成金を支給するものになります。

 

 支給額は「短時間労働者以外」で90万円(大企業は50万円)、「短時間労働者」では60万円(大企業は30万円)となります。

 

 詳しい内容についてはリーフレット(PDF)および厚生労働省ホームページをご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会