国交省「6月は“不正改造車を排除する運動”と“ディーゼルクリーン・キャンペーン”の強化月間

 国土交通省は6月を「“不正改造車を排除する運動”と“ディーゼルクリーン・キャンペーン”の強化月間にすると発表しました。

 

 以下、国土交通省ホームページの抜粋

「暴走行為、過積載等を目的とした不正改造車は、安全を脅かし道路交通の秩序を乱すとともに、排出ガスによる大気汚染、騒音等の環境悪化の要因となっています。

 また、環境基準の早期達成とその維持に向けて、特に大気汚染への影響度が大きいディーゼル車については、使用過程車の排出ガス対策の推進や不正軽油の使用防止が求められています。
 このことから、国土交通省は、関係省庁、自動車関係団体等と連携し、6月の1ヶ月間を「不正改造車を排除する運動」及び「ディーゼルクリーン・キャンペーン」の強化月間として下記の様々な運動を全国的に実施することとします。 」

 

 詳しい内容は国土交通省ホームページをご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会