国交省「東日本大震災を踏まえた高速道路の料金について」

 国土交通省より「東日本大震災を踏まえた高速道路の料金について」の発表がありましたので、ご案内します。

 

以下、国土交通省資料より抜粋

 

 1.東北地方の高速道路の無料開放について別紙1参照】

  • 東日本大震災による被災者支援及び復旧・復興支援のため、東北地方(水戸エリアの常磐道を含む)を発着する被災者及び原発事故による避難者、トラック、バス(中型車以上)について無料開放します。

     無料開放開始日: 平成23年6月20日(月)午前0:00 ~

         ※ 被災者および避難者については当面1年間

     ※ トラック、バスについては当面8月末まで

  • 現在実施中の災害派遣等従事車両(ボランティア車両を含む)については、引き続き、無料開放を継続します。
    注意:上記の無料開放の措置を受けるためには、入口・出口ともに一般レーンを通行する必要がありますのでご注意下さい。(ETCは使用不可)

 

 2.1次補正を踏まえた高速道路の料金について別紙2参照】

  • 上限料金制(休日1,000円)を廃止し、無料化社会実験についても一時凍結します。

    上限料金制廃止日:平成23年6月20日(月)午前0:00 ~
    無料化実験一時凍結日:平成23年6月20日(月)午前0:00 ~

 

詳しい内容については国土交通省「東日本大震災を踏まえた高速道路の料金について」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会