「連合救援ボランティア活動」第7グループが活動を終了しました

 交通労連が派遣する「連合救援ボランティア活動」の第7グループ(派遣期間:6/3~6/11)の活動が終わり、東京に帰還しました。

 

 前回に引き続き、作業内容は「側溝泥出し」が中心で、大人数のグループで作業を行う機会が多かったことも前回と同じでした。

 現地は夏に向けて気温が高くなってきており、これまで以上に体調管理が難しくなってきている中、3人が他産別の仲間と助け合い作業を遂行しました。

 

 詳しい活動内容や現地での感想などは「労連活動報告&投稿ひろば」 へ掲載しておりますので、ご覧ください。(パスワードが分からない方はこちらから申請してください)

 

 また、本日(6月11日)に第8グループ(3名)が宮古に向けて出発しました。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会