国交省「国土交通省組織令等の一部を改正する政令について」

 国土交通省では省内横断的な体制の確立や関連する行政の一元化等を図るため、横断的に局を再編するとともに、既存部局についても新たな政策課題等に対応するため組織の見直しを実施すると発表しました。

 

 新たに国際統括官、水管理・国土保全局、土地・建設産業局、国土政策局、都市局を設置されます。

 

 部、課の新たな新設として総合政策局に地域のニーズや市場の動向等を踏まえて公共交通政策を総合的・計画的に推進する「公共交通政策部」が。

 また、物流行政に関する基本的な政策を企画立案するための組織として「物流政策課」が新設されます。

 また、一体的かつ効率的な自動車行政を展開するため、これまでの「自動車交通局」を「自動車局」に変更し、「審査・リコール課」「環境政策課」「技術政策課」を新設します。

 

 詳しい内容については国土交通省ホームページ「国土交通省組織令等の一部を改正する政令について」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会