国交省「“地域のニーズに応じたバス・タクシーに係るバリアフリー車両の開発”報告書のとりまとめ」

 国土交通省では「“地域のニーズに応じたバス・タクシーに係るバリアフリー車両の開発”報告書のとりまとめ」を発表しましたので、ご案内します。

 以下、国土交通省ホームページより抜粋

 

 本格的な高齢化社会を迎え、乗降が容易で立席及び着席がしやすいなど、地域のニーズに応じた、高齢者・障害者等に優しいバス・タクシー車両の開発・普及は、喫緊の課題です。
 このため、国土交通省では、平成20年度から3ヶ年に渡り、実車や実車模型を用いつつ、学識経験者、障害者、運送事業者、自動車メーカー等の関係者間で望ましいバリアフリー車両のあり方について検討を重ね、今般報告書(PDF)をとりまとめましたので、お知らせします。

 

 詳しい内容は国土交通省「“地域のニーズに応じたバス・タクシーに係るバリアフリー車両の開発”報告書のとりまとめ」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会