連合「救援ボランティア活動人員がのべ3万人に到達」

 交通労連からも派遣を行っています「連合救援ボランティア」の活動人員が7月29日現在でのべ3万人に到達しました。

 

 連合は東日本大震災の発生とともに、3月31日より岩手、宮城、福島の3県にボランティアを継続して派遣しており、交通労連は4月16日から継続して3人を派遣しています。

 

 29日現在の連合救援ボランティア活動人数(3/31~)は、のべ人数で30,049人(派遣人数×活動日数)、実数で4,899人となりました。
 【内訳】

 岩手:のべ11,312人(実数1,951人)
 宮城:のべ 9,359人(実数1,510人)
 福島:のべ 9,378人(実数1,438人)
 男性:のべ28,034人(実数4,547人) 女性:のべ2,015人(実数352人)

 

詳しい内容は連合「連合救援ボランティアレポート」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会