【調査】整備士実態調査のご協力依頼について

 交通労連では8月24日付で整備部門を持つ加盟組合に対して、「整備士 賃金・労働条件実態調査」についてのご協力依頼(調査票含む)を送付いたしました。

 本調査は業種・職種別の活動を充実・強化させるとの労連方針や、整備部門の賃金・労働条件を調査してほしいとの要望を踏まえ、標記調査に部会横断的に08年度から取り組み、今回で4年目となります。

 本調査の要領については下記のとおりとなりますので、該当する組合についてはご協力をお願いいたします。

 

● 調査対象

 整備部門が職場にある加盟組合

 

● 調査方法

 基本的に2011年6月分の内容を指定の調査票に記入のうえ、9月30日までに労連本部へ返送してください

 

● 備考

 調査票は各総支部を経由しての送付、または整備士交流会に参加している加盟組合については直接送付しています

 

不明点がありましたら、交通労連本部 調査部(TEL 050-3540-1254)までお問合せください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

 

 

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会