【国会】運輸事業振興助成法が成立しました

 8月24日に国会において「運輸事業の振興の助成に関する法律」が可決、成立しました。

 運輸事業振興助成交付金の交付については、都道府県に対して「交付するよう努めなければならないものとする」と努力義務を課しています。

 交付については強制的な義務になっていない点については、片山善博総務大臣は「施行状況を見ながら対応を検討していく」と説明し、今後、各自治体へ法や創設の趣旨をよく説明し、協力を求めていく考えを示しています。

 

 詳しい内容ついては全日本トラック協会「“運輸事業の振興の助成に関する法律”が成立」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会