【国交省】「電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業」の2次公募について

 国土交通省では、「電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業の2次募集」を開始しましたので案内します。

以下、国土交通省ホームページより抜粋

 

 国土交通省では、観光地等における電気バス・電気タクシーを活用した意欲的な事業展開等を目指す事業者等を強力に支援し、国内観光地等における公共交通のグリーン化と観光振興等を促進するため、「電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業(予算額4.5億円)」を実施することとし、これまでに20事業者について事業計画の認定を行いました。
 この度、本事業の第2次公募を開始いたしましたので、お知らせします。

 

◆公募期間
  平成23年9月1日(木)~9月22日(木)※申請書は必着

◆支援対象
    電気自動車を活用した意欲的な事業展開を行うバス・タクシー事業者等
    ※導入車両・経費、実施体制、観光・地域振興への貢献内容等を記載した事業計画書を提出していただきます。

◆支援内容
   電気バス・バス専用充電設備……導入費用の1/2
   電気タクシー……導入費用の1/3 
   ※電気自動車にはプラグインハイブリッド車も含む。

◆補助対象事業の決定
   応募案件について、その事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定
   ※詳細は自動車局のウェブページをご覧ください。
  (http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000020.html

 

詳しい内容は国土交通省「電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業の2時公募について」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会