【国交省】平成22年度末自動車交通関係移動等円滑化実績等について

 平成18年12月に施行された「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(バリアフリー新法)にもとづきバス、タクシー等の車両や施設のバリアフリー化を促進しています。
 国土交通省では、こうした状況を踏まえ、乗合バス、バスターミナル及び福祉タクシーの移動等円滑化実績等について、調査を実施しその概要を発表しました。

 また、国土交通省では、ノンステップバスの導入等に対して補助等による支援措置を実施するとともに、ノンステップバスの標準仕様の策定により普及促進を図るなど、今後も引き続き、公共交通のバリアフリー実現のための取組みを推進しています。

 

詳しくは国土交通省「平成22年度末 自動車交通関係移動等円滑化実績等について」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会