【日本バス協会】「貸切バス事業者安全性評価認定制度」に基づく貸切バス事業者の認定について

 日本バス協会は「貸切バス事業者安全性評価認定制度」について、8月19日に行った第1回目の認定に引き続き、10月3日に第2回目の認定を発表しました。

 今回の認定事業者は45事業者になりました(第1回目は21事業者)。

 

詳しい内容は日本バス協会「『貸切バス事業者安全性評価認定制度』に基づく貸切バス事業者の認定について」(PDF)をご確認ください。

 

※貸切バス事業者安全性評価認定制度については日本バス協会ホームページをご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会