【国交省】トラック輸送の実態に関する調査報告書について

 国土交通省は「トラック輸送の実態に関する調査報告書」および「トラック輸送事業の運賃・原価に関する調査報告書」を取りまとめました。

 

<トラック輸送の実態に関する調査報告書>

 本調査は今後のトラック産業のあり方の検討に向けた基礎資料として、トラック運送事業者の実態及び運賃・原価に関するデータを収集することを目的として実施されました。

 調査対象は、トラック運送事業者8,001事業者である。調査対象者の選定は、全日本トラック協会の会員事業者の中から、車両台数及び都道府県の2つの視点において、日本全体のトラック運送事業者とほぼ同様の構成比となるよう、抽出されています。

 
 調査票の回収数は2,412事業者(回収率:30.1%)。

 調査期間は平成22年11月~12月です。

トラック輸送の実態に関する調査報告書
トラック輸送の実態に関する調査.pdf
PDFファイル 1.4 MB

<トラック運送事業の運賃・原価に関する調査報告書>

 本調査は適正運賃収受に向けた取組みを進めていくために、車両ごとの運賃及び原価水準を把握することが必要であることから、全日本トラック協会と国土交通省自動車局貨物課が協力し、最低車両台数・適正運賃収受ワーキンググループでの議論・検討のための基礎資料として、トラック運送事業の運賃・原価に関する調査を実施しました。

 調査対象は、一般貨物運送事業者(倉庫、利用運送等の兼業可)
ただし一般貨物運送事業を主たる事業としており、実運送収入比率が30%以上。ならびにトラック運送事業を3年以上継続していることなどの条件を満たしている事業者となっています。

 

 調査票の回収数は396件(回収率:70.8%)

 調査期間は平成23年1月~3月です。

トラック運送事業の運賃・原価に関する調査報告書
トラック運送事業の運賃・原価に関する調査.pdf
PDFファイル 1.2 MB

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会