【政策】国交省・警察庁へ2012政策要求申し入れを行いました

 交通労連は5日の厚生労働省への政策要求申し入れに続き、10月14日に国土交通省および警察庁を訪れ、2012年度交通運輸政策要求の申し入れを行いました。

 

 交通労連からは古庄政策委員長、縄野書記長、各部会事務局長、鎌田政策部長、中原青年女性部長の計7名が参加。

 午前中に警察庁へ「教習所業界への監督・指導体制の強化」や「高齢者講習の充実と運用の改善」など計17項目を申し入れ、意見交換を行いました。

 また、午後からは国土交通省を訪れ、自動車局、都市局、道路局、総合政策局などの各担当者より計35項目の政策要求に対する回答の説明を受けました。

 その後、回答内容を受け、質疑や意見交換を行い、最後に政策要求の実現に対して強く訴え、終了しました。

 

詳しい内容について交通労連ブログ「労連活動報告&投稿ひろば」(閲覧パスワードはこちらから申請)をご確認ください

 

また、2012交通運輸政策要求は資料集に掲載しています。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会