【厚労省】平成23年度労働時間適正化キャンペーンについて

 厚生労働省では毎年11月に過重労働による健康障害の防止と賃金不払残業の解消を目的とした「労働時間適正化キャンペーン」を実施しています。

 平成23年度も同様にキャンペーンを実施します。

 

<平成23年度労働時間適正化キャンペーン実施要領>

1.概要
 厚生労働省では、長時間労働や、これに伴う問題の解消を図るため、11月を「労働時間適正化キャンペーン」期間とし、使用者団体・労働組合への協力要請、リーフレットの配布などによる周知啓発などの取り組みを集中的に実施します。

2.実施期間
 平成23年11月1日(火)から11月30日(水)
3.重点的に取り組みを行う事項
(1)時間外労働協定の適正化などによる時間外・休日労働の削減

  • 時間外労働協定(36協定)は、時間外労働の延長の限度等に関する基準に適合したものとすること
  • 特別条項付き36協定等により月45時間を超える時間外労働を行わせることが可能な場合でも、実際の時間外労働については月45時間以下とするよう努めること 等

(2)長時間労働者への医師による面接指導など、労働者の健康管理に係る措置の徹底

  • 産業医の選任や衛生委員会の設置など健康管理に関する体制を整備し、また、健康診断等を確実に実施すること
  • 長時間にわたる時間外・休日労働を行った労働者に対し、医師による面接指導等を実施すること 等

(3)労働時間の適正な把握の徹底

  • 賃金不払残業を起こすことのないようにするため、労働時間適正把握基準を遵守すること 等

4.主な実施事項
(1)使用者団体及び労働組合に対する協力要請

  使用者団体及び労働組合に対し、労働時間の適正化に関する積極的な周知・啓発等の実施についての協力要請を行います。

(2)職場の労働時間に関する情報提供の受け付け
 職場の労働時間に関する情報を下記URLに設置する「労働基準関係情報メール窓口」で受け付けます。
  期 間:11月1日(火)から11月30日(水)
  URL:11月1日よりアドレスを公開
(3)周知・啓発の実施
 事業主等へのリーフレットの配布、広報誌、ホームページの活用等により、キャンペーンの趣旨等について広く国民に周知を図ります。

 

詳しい内容は厚生労働省「11月に『労働時間適正化キャンペーン』を実施します」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会