【国交省】自動車保有関係手続のワンストップサービスの利用率がはじめて50%を超えました!

 国土交通省では、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の利用率が50%を超えたことを発表しました。

 OSSとは、自動車の保有に伴い必要となる各種の行政手続(自動車検査・登録(運輸支局)、保管場所証明(警察)、自動車諸税(国税、地方税)の申告・納税)について、オンライン申請によるワンストップサービスを提供するものです。

 現在、型式指定車(国がサンプル車を審査済の量販車)の新車新規登録を対象に、10都府県で稼動しています。

 

詳しい内容については国土交通省「自動車保有関係手続のワンストップサービスの利用率がはじめて50%を超えました!」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会