【国交省】「電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業」の対象案件の決定について(第2次公募)

 国土交通省では、観光地等における電気バス・電気タクシーを活用した意欲的な事業展開等を目指す事業者等を強力に支援し、国内観光地等における公共交通のグリーン化と観光振興等を促進するため、「電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業」を実施しており、本事業の対象となる案件の第2次公募を行い、応募のあった事業計画の内容について、外部有識者の意見も踏まえて精査し、本事業の対象とする案件を決定しました。

<支援対象案件の内訳>
 電気バスを活用した事業 2件
 電気タクシーを活用した事業 14件

<台数内訳>
電気バス 2台
電気バス用充電設備 4台
電気タクシー 22台
プラグインハイブリッドタクシー 2台

※   詳細はこちら(PDF)を参照。

 

<支援内容>
電気バス・バス専用充電設備……導入費用の1/2
電気タクシー……導入費用の1/3

 

詳しくは国土交通省「『電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業』の対象案件の決定について(第2次公募)」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会