【国交省】運輸の安全確保に関する政策ビジョンについて

 国土交通省は「運輸の安全確保に関する政策ビジョン~特に安全確保体制の確保について~」を発表しました。

 これは平成18年より実施されている「運輸安全マネジメント評価制度」が導入されてから平成23年で5年が経過したこと、平成22年度に行った政策レビューを踏まえ、運輸審議会運輸安全確保部会での審議を経て、今後の方向性を改めて政策ビジョンとして示したものです。


<政策ビジョン概要>
1.安全管理体制の確保に向けての現状及び基本的考え方
  (1)運輸事業の安全管理体制確保に向けての取組の経緯
  (2)運輸事業の安全管理体制確保の取組状況の概観
  (3)データから伺われる運輸安全マネジメント実施の効果
  (4)運輸の安全確保に向けての今後の方向性

2.安全管理体制確保に向けての今後の具体的な取組の方向性
  (1)中小事業者に対する啓発・普及活動の強化
  (2)大手・中堅事業者における安全管理の実効性の確保
  (3)運輸安全マネジメント評価等を行う人材の確保及び育成
  (4)安全管理に関する新たな動向への対応

 

 詳しくは国土交通省「運輸の安全確保に関する政策ビジョン」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会