【連合】連合2012春季生活闘争・闘争開始宣言集会について

 交通労連も構成組織として加盟している連合は2月10日に「2012春季生活闘争・闘争開始宣言中央集会」を日比谷公会堂に約2,000名の組合員を結集して開きました。

 冒頭、古賀会長は「東日本大震災からまもなく1年が経過するが、今なお懸命に立ち向かわれている方々にお見舞いを申し上げるとともに、2012闘争は復旧・復興はもとより、環境の厳しさを労使で正確に共有し、『健全な危機感』の下で『人財』を軸とした産業力・企業力の強化による持続的な安定成長の実現に向けた労使での議論を徹底的行ってほしい」と呼びかけました。
 続いて、共闘連絡会議を代表して労働条件委員会委員長の金属共闘の西原自動車総連会長、中小共闘センター委員長のの眞中JAM会長、パート・有期契約共闘座長の八野サービス・流通連合会長からそれぞれ決意表明がなされました。
 その後、南雲事務局長が、「本日が本格的な春季生活闘争スタートとなる。連合は『働くことを軸とする安心社会』の実現に向け、すべての働く者の生活が改善される取り組みを進める事を使命とした奮闘を期待する」と訴えました。
 交通労連からも山口委員長(連合中央執行委員)、縄野書記長ら代表が参加しました。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会