【国交省】標準仕様ユニバーサルデザインタクシーの認定制度の創設について

 国土交通省では、移動等円滑化の促進に関する基本方針において移動等円滑化の目標が定められているノンステップバスの基準等を定める告示に基づき、高齢者・障がい者のほか、妊産婦や子供連れの人等、様々な人が利用しやすいユニバーサルデザインタクシーの普及を促進するとともに、さらに優れたユニバーサルデザインタクシー車両の開発が促進されることを目指した「地域のニーズに応じたバス・タクシーに係るバリアフリー車両の開発報告書」を踏まえ、標準仕様ユニバーサルデザインタクシーを国が認定する制度を創設し、平成24年3月28日から開始しました。

 認定した標準仕様ユニバーサルデザインタクシー等については、マークを車体に表示することとなります。

 

詳しくは国土交通省「標準仕様ユニバーサルデザインタクシーの認定制度を創設します」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会