【国交省】事業用バス火災事故の分析と防止に向けた対策について

 国土交通省では、ここ最近の4年間(平成19年~22年)に発生した事業用バスの火災事故61件について、その内容を分析した内容について発表しました。
 その結果、原因では「点検整備不十分」や「整備作業ミス」といった点検整備が関係しているものの割合が多く(25件)、また、出火に至る状況では、「ショート等電気関係」や「ブレーキ・タイヤの過熱」の割合が多かった(25件)ことから、これらの火災事故の防止に向けて、次の対策を講じるよう周知することとしました。(別紙参照

 詳しい内容については国土交通省「事業用バス火災事故の分析と防止に向けた対策について」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会