【バス部会】バス事業のあり方検討会の報告書の公表について

 国土交通省では「バス事業のあり方検討会」の報告書をまとめ公表しました。

 乗合バスと高速ツアーバスの「一国二制度」になっている状況を適正化するため、国土交通省では「バス事業のあり方検討会」で検討を行ってきました。

 交通労連も鎌田・軌道バス部会事務局長を委員として派遣し、公平公正なルールづくりを訴えてきました。

 また、重大事故や劣悪な労働環境、違法行為を多発させている高速ツアーバスへの安全性強化を強く求めてきました。

 報告書では高速ツアーバス事業者を道路運送法に基づく一般乗合旅客自動車運送事業(乗合バス事業)へ移行することし、24,25年度を移行期間として設定されています。

 今後は、移行するために必要な停留所調整を行う「高速バス停留所調整協議会」や「フォローアップ会議」を開催していきます。

 詳しくは国土交通省「バス事業のあり方検討会・報告書の公表について」をご確認ください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会