【厚労省】「教育訓練給付金の支給の対象となる教育訓練の指定」手続きの受付を開始しました

 厚生労働省では平成24年10月指定分の教育訓練給付金の支給対象となる教育訓練の指定手続きの受付を開始しました。

 教育訓練給付金は一定の条件を満たした方が指定訓練講座の受講し、修了した場合にその講座費用の20%(上限10万円)を雇用保険から受給できる制度です。

 交通労連としても近い将来想定されるドライバー不足に対処するため、運転免許受講者の負担の軽減につながる同制度の活用を推進し、自動車学校&教習所で指定講座の増加を求めております。

 

 詳しくは厚生労働省「講座を運営する事業者(スクール)の方へ」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会