【春闘】2012春季生活闘争・FAX情報No.4を発行しました

 交通労連は4月6日に2012春季生活闘争の闘争状況を取りまとめたFAX情報No.4を発行し、加盟組合へ送信しました。

 各加盟組合の交渉状況について、震災の影響により交渉が例年より遅れていた前年度と比べ、相当程度の組合が早期解決を果たしています。

 また、内容については、厳しい状況の中でほとんどの組合が定昇相当分を確保するなど一定の成果を挙げています。

 労連は5日、第2回常任中央闘争委員会を開き、「定昇相当分の確保はもとより、組合員の努力に報いる具体的な改善を引き出して、生活の安定確保と仕事に対する意欲を高め、企業を守り発展
させる原動力としなければならない」とし、「4月以降の交渉においても、これら先行組合の成果を踏まえた取り組みが期待される」との当面の方針(その3)を決定しました。

 

詳しい内容は「FAX情報」(2012春闘ページ)をご確認ください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会