【内閣府】平成24年度交通安全ファミリー作文コンクールについて

 内閣府では、交通安全意識の啓蒙を目的として「交通安全ファミリー作文コンクール」を催します。

 題材については「自由」です。

「交通事故を防止するためには、歩行者、自転車利用者、バイク利用者、ドライバー等、それぞれの立場にある皆さんが、折にふれ身近な交通安全の問題について考え、話し合うことが大切です。
皆さんの家庭、学校、職場、地域等において交通安全について考え、話し合った内容、交通安全につながる日常の会話や独自の工夫などの実践例、身近な体験談などを作文にしてください」(内閣府)

【テーマ例】
◆自転車の安全利用 ◆高齢者や子どもの事故防止 ◆シートベルトやチャイルドシートの着用 ◆飲酒運転の根絶 ◆反射材用品等の着用 など   

<概要>
応募期間:2012年7月1日(日)~9月10日(月)
応募区分:◆小学生の部◆中学生の部◆一般(高校生以上)の部
賞区分:◆最優秀作「内閣総理大臣賞」(1名)
    ◆優秀作「内閣府特命担当大臣賞」
     -小学生の部:6名
     -中学生の部:3名
     -一般の部:1名
    ◆佳作「内閣府政策統括官賞」
     -小学生の部:各学年原則5名以内
     -中学生の部:各学年原則6名以内
     -一般の部:5名以内
 詳しくは内閣府「平成24年度交通安全ファミリー作文コンクール」をご確認ください。

⇒「交通労連ニュース」へ戻る


交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会