【国交省】「子ども霞が関見学デー」の開催について

「子ども霞が関見学デー」とは、子どもたちが夏休み中に広く社会を知る体験活動の機会となるよう、また、行政の仕事に関心をもってもらえるように、各府省等が連携して、毎年夏休みに見学会を行っているものです。

 国土交通省では、庁舎内にある施設の見学や、国土交通省のお仕事を体験できるプログラム、今後の国土交通省の取り組みの紹介、さらに大臣と子どもたちとの懇談など、さまざまな企画を用意していますので、是非ご参加ください。

 

<開催概要>

1.実施時期
  平成24年8月8日(水)、9日(木)の2日間
2.見学対象者
  全国の小・中学生
3.開催場所
  国土交通省

 (主な会場と来場記念スタンプは、10階共用大会議室)

4.参加・申し込みの方法
(1)事前申込みなしで当日自由に見学できるプログラム
 当日直接国土交通省にお越し下さい。
なお、受付場所と来場記念スタンプは、10階共用大会議室です。
(2)事前申し込みが必要なプログラム
 往復はがきに以下の事項を明記した上、7月20日(金)(必着)までにお申込みください。
 また、保護者同伴が必須なプログラムや年齢制限があるプログラムもありますので、お申し込みの際ご確認下さい。
 なお、お申し込みが多数の場合には、抽選とさせていただきます。抽選結果については後日連絡いたします。
 事前申し込みが必要なプログラムの受付は、合同庁舎3号館国会側入り口となります。実施時間の10分前までにお越しください。

 

詳しい内容は国土交通省「『子ども霞が関見学デー』の参加者を募集します」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会