【国交省】高速ツアーバス安全通報窓口を設置しました

 国土交通省では関越道ツアーバス事故を受けて、 「高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会」を発足し、ツアーバスを対象とした安全対策の強化を纏めました。

 その安全対策の強化の一つとして、高速ツアーバスの貸切バス事業者の安全性に関する情報等について、高速ツアーバスの利用者から情報を提供いただく「高速ツアーバス安全通報窓口」を設置しました。
 情報は、電子メール、携帯メール、FAXにより受け付けています。
 ■ 高速ツアーバス安全通報窓口(電子メール、FAX)
  -->Click
 ■ 高速ツアーバス安全通報窓口(携帯メール)
  -->Click

 

 この検討会には、交通労連から軌道バス部会の鎌田事務局長が委員として選ばれ、これまで長年訴えてきた高速ツアーバス問題について意見を述べています。

 その内容については軌道バス部会ブログをご参照ください。

 

 また、取りまとめられた安全対策の詳細については国土交通省「関越自動車道における高速ツアーバス事故を受けた安全性向上の取り組み」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会