【国交省】「自動車運送事業者に対する監査のあり方に関する検討会」の第1回会合開催について

 国土交通省では、本年4月に関越自動車道で発生した高速ツアーバス事故を受け、本件事故に係る対策を総合的に推進していますが、今般、自動車運送事業者に対する監査の抜本的な見直しを行うため、8月8日(水)に「自動車運送事業者に対する監査のあり方に関する検討会」を開催します。

 交通労連はこれまでも政策要求の場で、監査体制の強化や新規参入要件の見直しなどを再三求めてきましたが、当該検討会で抜本的な監査の見直しがされることを期待しております。

 

 検討会の詳しい内容は国土交通省「自動車運送事業者に対する監査のあり方に関する検討会の第1回会合の開催について」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会