【政策関係】交通運輸政策研究会第11回総会について

 交通労連は9月4日に交通運輸政策研究会の第11回総会を衆議院第二議員会館で開きました。

 交通運輸政策研究会(通称:労連議員懇談会)は交通労連の提唱する交通運輸政策に賛同していただいている国会議員26名(衆議院19名、参議院7名)で構成している研究会で、様々な政策課題について意見交換を行い、国政の場で政策制度実現および課題解決に向けてご尽力をいただいております。

 今総会では下記の事項について意見交換を行いました。

<協議事項>

1.新潟交通圏のカルテル問題について

2.役員人事の一部変更について

3.その他

 

⇒「新着情報」へ戻る

 

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会