【厚労省】11月は「労働時間適正化キャンペーン」です

 厚生労働省では、11 月を「労働時間適正化キャンペーン」期間とし、長時間労働に伴う問題の解消に取り組みます。

 交通運輸産業においては他産業と比較しても長時間労働の職場が多く、また「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(改善基準告示)違反も多発しています。

 ツアーバス事故に見られるような超長時間労働が重大事故の要因にもなっていることも重く受け止め、労働時間の適正化は重要な課題となっております。 

 厚生労働省では、「労働時間適正化キャンペーン」を実施し、長時間労働の抑制など労働時間の適正化に向け、労使の主体的な取組を促すとともに、重点的な監督指導などを実施します。

<重点的に取組を行う事項>

  1. 時間外労働協定の適正化などによる時間外・休日労働の削減
  2. 長時間労働者への医師による面接指導など、健康管理に関する措置の徹底
  3. 労働時間の適正な把握の徹底

 また、厚生労働省ホームページ内に「労働時間適正化キャンペーン特設ページ」を設置し、同ページ上の「労働時間等情報受付メール窓口」で、職場の労働時間等に関する情報を受け付けます。
 詳しくは厚生労働省「11月は『労働時間適正化キャンペーン』期間です」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会