【経団連】今春交渉に向け「経労委報告」を発表

 経団連 1月22日、「2013年版経営労働政策委員会報告」を

発表し、今季労使交渉に臨む経営側の考え方を明らかにしました。

 第3章「今次労使交渉・協議に対する経営側の基本姿勢」では、今次労使交渉・協議では、企業の存続と従業員の雇用の維持・安定を最優先する議論が中心となると主張。
 そのうえで、厳しい経営状況が続くなか、「賃金交渉においては、ベースアップを実施する余地はなく、賃金カーブの維持、あるいは定期昇給の実施の取り扱いが主要な論点になると考えられる」との見通しを示しています。

 

⇒「2013年版経営労働政策委員会報告」(経団連)

 

⇒「2013年版経営労働政策委員会報告に対する連合見解」(連合)

 

⇒「ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会