【国交省】自動車運転代行業の利用者の安心感確保等について

 国土交通省では、違法行為が相次ぐ自動車運転代行業(運転代行)について、諸問題を把握するための実態調査を実施しました。

 その結果、随伴用自動車(自動車運転代行業者が利用者に代わって運転する自動車の随伴に用いられる自動車)による白タク行為等の悪質な違法行為に対して、これまで以上に効果的な対策をとることが必要となっている状況であると判断し、改善等のための具体的な方策を盛り込んだ「安全・安心な利用に向けた自動車運転代行業の更なる健全化対策」を策定・公表しました。

 

 同じく健全化対策の一環として、利用者の安心感確保等を図るため、標準自動車運転代行業約款(平成14年国土交通省告示第455号)のほか、通達「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律等に係る運用上の留意事項等について」(平成14年国自旅第25号)及び通達「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律に基づく営業停止命令の要請等の基準について」(平成14年国自旅第33号)についても改正しました

 

詳しい内容については、国土交通省「自動車運転代行業の利用者の安心感確保等を図るため、標準約款等の改正を行いましたのでお知らせします」をご確認ください。

 

⇒「ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会