【日本バス協会】「貸切バス事業者安全性評価認定制度」に基づく貸切バス事業者の認定について

 日本バス協会が実施しています「貸切バス事業者安全性評価認定制度」に基づき、安全確保への取組状況が優良な貸切バス事業者について、平成24年度第2次の認定が行われました。

 当制度は平成23年度よりスタートした、貸切バス事業者の安全性に対する取組状況等を評価・認定する制度です。

 平成24年度2次募集では、62社が新たに認定されました。
 また、現在、全国で425事業者が認定を受けています。

 

 詳しくは日本バス協会「平成24年度二次募集分の認定事業者を公表しました」をご確認ください。

 

⇒「ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会