【国交省】トラック産業に係る安全対策・市場構造の健全化に向けての対策について

 国土交通省ではトラック産業に係る適切な経済的・社会的環境を創出すること等を目的に、「トラック産業の将来ビジョンに関する検討会」を設け検討を進めており、交通労連も委員として山口委員長が参加しています。

 昨年12月の検討会において、トラック産業に係る安全対策の徹底、市場構造の健全化等に向けて、「5両未満の保有車両で事業を運営する者への運行管理者選任の義務付け」及び「適正化事業実施機関の事業者への指導業務の実効性の確保」等の必要性が提言されたことを受け、これについて省令改正及び通達の発出を行いました。

 

 詳しくは国土交通省「トラック産業に係る安全対策、市場構造の健全化に向けて、対策を進めます」をご確認ください。

 

⇒「ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会