【軌道バス部会】「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」について

停留所のない道で乗降させるツアーバス
停留所のない道で乗降させるツアーバス

 国土交通省では、関越自動車道での高速ツアーバス事故を受け、「バス事業のあり方検討会」等の各種検討会およびワーキングを立ち上げ、事故の再発防止および適正な安全規制の確率に取り組んできました。

 

 同検討会には交通労連も鎌田・軌道バス事務局長が委員として参加し、長年主張してきた「ツアーバスの安全規制の強化」や「一国二制度の一本化」等について強く訴え、「新高速乗合バスへの一本化」や「長距離運行の安全規制の強化」などの実現に向けて尽力してきました。

 

 国土交通省は、各検討会の検討結果を踏まえ、今後2年間にわたり、「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」を実施することとしました。

 

<各検討会報告書について>

 

 詳しい内容は国土交通省「関越道高速ツアーバス事故を受けた『高速・貸切バスの安全・安心回復プラン』について」をご確認ください。

 

 交通労連・軌道バス部会の活動状況や各バス関係の最新ニュースについては「軌道バス部会ブログ」をご覧ください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会