【春闘関係】4月中の解決めざし精力的な交渉を

 2013春季生活闘争は、各加盟組合の精力的な交渉の結果、多くの組合が3月中、4月中に解決に結びつけています。
 これまでの妥結内容を見ると、多くの組合が定昇(相当分含む)を確保しているほか、約3割以上の組合が前年実績を超える回答を引き出しています。

 臨時給では、前年実績を超える妥結が約4割を超え、合わせて約9割弱が前年同額・同月数以上を確保しています。
 このほか、時間外労働の削減や60歳以降の処遇の見直しなど、また、非正規社員の雇用・労働条件の改善にも精力的に取り組み、時給の引き上げや臨時給の支給を中心に具体的な合意を引き出すなど各組合の健闘が続いています。

 

 詳しい内容は「闘争状況速報」(2013春闘ページ)をご確認ください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会