【国交省関係】高速ツアーバスの新高速乗合バスへの移行について

 7月31日を持って高速ツアーバスが廃止され、高速乗合バスと制度が一本化され「新高速乗合バス」として、新たな制度へ移行されました。

 新高速乗合バス制度では、関越道ツアーバス事故を発端に、交通労連も委員として参加した「バス事業のあり方検討会」等での協議をへて、新たに重点的な立入検査等の実施、過労運転防止対策の強化、貸切バス事業者に対する安全規制の強化等を行っています。

 詳しくは国土交通省「関越自動車道における高速ツアーバス事故を受けた安全性向上の取り組み」をご確認ください。

 

 ことについて、太田国土交通大臣は「公共交通機関において何よりも優先されるのは何と言っても安全であります。事業者には法令を遵守し、安全運行を徹底していただきますよう、改めて強く求めたいと思います」と発言されています。

 詳しくは国土交通省大臣発言をご確認ください。

 

⇒「ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会