【国交省関係】貨物自動車運送事業での受委託点呼(共同点呼)の導入について

 国土交通省では、平成25年11月1日から受委託点呼(共同点呼)制度を導入します。

 受委託点呼制度とは、例えば、流通業務団地など貨物運送事業者が多く集まる地区や、従来より進められている共同配送と併せて共同点呼を実施することで、安全運行の確保とともに経営環境の改善も期待できます。
 受委託許可時には「確実な点呼の実施のための措置」と「受託営業所の要件」についての適合性を確認が必要になります。

 そのため、事前に受託営業所を管轄する運輸支局を経由して地方運輸局に申請が必要になります。
 詳しくは国土交通省「トラック運送事業において受委託点呼(共同点呼)を導入」をご確認ください。

 

⇒「ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会