【軌道バス部会】バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会(第1回)の開催について

 交通労連では、トラックやバス、タクシーなどの運転者不足について、毎年、関係省庁へ運転者不足の解消について強く訴えてきました。

 この度、交通政策基本法成立に伴い、地域の“足”であるバス路線の確保・維持に必須であるバス運転者の確保、育成に向けた検討会を国土交通省内に立ち上げることとなり、12月20日に第1回の検討会が開催されることとなりました。

 検討会には、交通労連も委員(鎌田・軌道バス部会事務局長)を派遣することとなりました。

 
 関越道ツアーバス事故を受けて、行き過ぎた規制緩和による安全軽視の方向性が見直され、違法な運行が横行していた高速ツアーバスが廃止、安全を重視した新高速バス制度へ一本化されましたが、その根本である運転者の確保・育成については抜本的な対策が検討されていませんでした。

 交通労連は本検討会の発足に伴い、バスだけでなく、同じく地域の重要な“足”であるタクシー運転者はもちろん、日本経済の支える“物流”を担うトラック運転者についても同様の検討会を立ち上げるよう強く訴えていきます。

 

 今後の検討会の状況等については「軌道バス部会ブログ」をご確認ください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会