【ハイタク部会】新潟交通圏タクシーの独禁法違反について公取委で審判(最終)が行われました

公取前で処分撤回を訴える五十嵐部会長
公取前で処分撤回を訴える五十嵐部会長

 2014年1月9日に、公正取引委員会で新潟交通圏のタクシー会社へ独禁法違反による「排除措置命令」「課徴金納付命令」事件に関する最終の審判が行われました。

 審判では、書類の修正等の申し出を承認するなどの手続きが行われました。

 これまで10回行われてきた審判も今回で終了し、今後は審決(案)が1~2ヵ月後に提示される見通しとなっているが、実際の審決がいつ出されかは未定となっています。

 

 公正取引委員会前には、交通労連の信越・関東地方総支部のハイタク部会の仲間の他に、全自交労連や私鉄総連ハイタク協議会からも多くの仲間が集まり、不当な処分の見直しを強く訴えました。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会