【春闘関係】要求の基準について

 2014年1月20~21日に開催された第1回中央委員会および各部会第2回中央委員会で、春季生活闘争に向けた要求の基準が確認されました。


<要求基準(賃金のみ)>

1.トラック部会

  • 1人あたり平均7,800円中心【定期昇給並びに賃金カーブ維持分1.5%(3,670円中心)+賃上げ(過年度物価上昇分+α)+賃金改善・格差是正分1.7%(4,150円)】

 
2.軌道・バス部会

  • 定期昇給相当分(賃金カーブ維持分)1.41%(約3,000円)+α(生活維持・向上分)1.27%(約2,700円)
  • 目標最低基準3,000円(1.40%)

 

3.ハイヤー・タクシー部会

  • 1人あたり平均5,000円(定期昇給見合い分1,000円+格差是正分4,000円)

  

4.自校・一般部会

  • 賃金カーブ維持分(定期昇給見合い分)4,500円と実質生活向上分2,500円を踏まえた7,000円

 

 その他の要求内容は「要求の基準」(2014春季生活闘争ページ)をご確認ください。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会